(出典:ファミュ ルミエール ヴァイタルC)

woman-gimon

ルミエール ヴァイタルCを試してみたいですが、高価なので、口コミが気になります。また敏感なので、成分も心配です。

たかじんたかじん

ルミエール ヴァイタルCの口コミを整理し、悪い口コミと配合成分との関係も検証しました。購入前の参考にしてください。

 

この記事でわかること

  • ルミエール ヴァイタルCの口コミまとめ
  • 配合成分と説明、悪い口コミとの関係
  • お得に購入する方法

ファミュ ルミエール ヴァイタルCの商品情報【容量/価格】

ルミエール ヴァイタルCの商品情報について、以下に示します。

  • メーカー/商品名
    アリエルトレーディング ファミュ ルミエール ヴァイタルC
  • タイプ
    ブースター・導入液
  • 容量
    30ml
  • 本体価格
    8,000円
  • 発売日
    2018年2月28日

参照:@コスメ/ファミュ ルミエール ヴァイタルC

ルミエール ヴァイタルCは安定化したビタミンC誘導体である「アスコルビルグルコシド」、さらに3つのツヤ肌成分である「サフラワー油」「ビサボロール」「トコフェロール」を配合したブースター美容液です。

洗顔後の化粧水の後に使用することで、肌のキメを整え、つるんとしたクリアな肌に導きます(公式サイトより)。そのみずみずしいテクスチャーから、暑い夏、乾燥した冬、朝夜問わず、さっぱりした肌に整えてくれることから人気があります。

たかじんたかじん

それでは実際にルミエール ヴァイタルCの口コミについて、見ていきましょう。

ルミエール ヴァイタルCの悪い口コミは本当?

ルミエール ヴァイタルCは価格もなかなか高級で、ブースターにしてはかなり贅沢な仕上がりのようですが、ネット上では悪い口コミを目にすることもあります。

せっかく高いコストをかけて試したくても、口コミが悪いとちょっと嫌ですよね。

ということで、ルミエール ヴァイタルCの口コミを良い、悪い含め、色々調べてみました。

ルミエール ヴァイタルCの口コミを徹底調査!

ルミエール ヴァイタルCの口コミについて、良い悪いを含め、アットコスメ、ツイッターで調べてみました。購入前の参考にどうぞ。

口コミまとめ / アットコスメ

ファミュ ルミエール ヴァイタルC 口コミ アットコスメ

(出典:アットコスメ/ルミエール ヴァイタルC)

アットコスメといえば、日本最大級のスキンケア口コミサイトですね。口コミ評価(星の数)だけ見ても、星5.6なので、かなりの高評価であることがわかります。

高級と見えて、口コミの数はそんなでもないです。

良い口コミ

ファミュ ルミエール ヴァイタルC 良い口コミ 01

(出典:アットコスメ/ルミエール ヴァイタルC)

まとめると、次のとおりです。

  • ジャスミンの香りに癒される
  • オイルなのにベタッとしない
  • 肌によくなじむ
  • 肌が柔らかくなった
  • 毛穴開きも徐々に改善されている
たかじんたかじん

ルミエール ヴァイタルCにはローズ、ジャスミンのオイルが配合されています。好きな方は香りに癒されますね。とはいえ、べたっとすることはなく、肌によくなじむそうです。この方は毛穴まで改善されたとのことです。

 

ファミュ ルミエール ヴァイタルC 良い口コミ 02

(出典:アットコスメ/ルミエール ヴァイタルC)

まとめると、次のとおりです。

  • 毛穴ケアで一番効果があった
  • 保湿力が抜群
  • ベタつかない
  • メイクのりが良く、モチモチに
たかじんたかじん

この方も毛穴ケアに効果を感じています。おそらく乾燥を原因とする毛穴で、保湿が効いたのでしょう。保湿され皮脂が減れば、メイクノリもよくなりますよね。

 

ファミュ ルミエール ヴァイタルC 良い口コミ 03

(出典:アットコスメ/ルミエール ヴァイタルC)

まとめると、次のとおりです。

  • 頬や毛穴の開きが明らかに改善した
  • 小鼻周りの黒ずみにも効果があった
  • 香りはカモミール、ジャスミン、ローズでリラックスできる
たかじんたかじん

この方は毛穴開きと黒ずみが改善されたようです。これまでのスキンケアでしっかり保湿ができていなかった方ですと、ルミエール ヴァイタルCによるブースター効果があって、大きな恩恵を受けられるかもしれません。

悪い口コミ

ファミュ ルミエール ヴァイタルC 悪い口コミ 01

(出典:アットコスメ/ルミエール ヴァイタルC)

まとめると、次のとおりです。

  • 白いポツポツができた
たかじんたかじん

この方は肌荒れをしてしまったようです。合わない成分があったのでしょう。また、ビタミンC誘導体は確かに人によって合う、合わないがわかれる成分です。合わないと刺激を感じ、肌荒れします。

 

ファミュ ルミエール ヴァイタルC 悪い口コミ 02

(出典:アットコスメ/ルミエール ヴァイタルC)

まとめると、次のとおりです。

  • 使用3日目で肌荒れした
  • カモミールが合わない人は避けるべき
たかじんたかじん

以降の成分説明のとおり、カミツレ(カモミール)のエキスが配合されています。その効果は皮膚を刺激から守る・リラックスなのですが、キク科アレルギーのある方には向きません。この方はアレルギー症状が出た可能性もあります。

 

ファミュ ルミエール ヴァイタルC 悪い口コミ 03

(出典:アットコスメ/ルミエール ヴァイタルC)

まとめると、次のとおりです。

  • 効果を実感できなかった
たかじんたかじん

この方はとくに効果を実感できなかったようです。使用前と後で保湿度合に変化がなかった、ということでしょう。もともと肌質がそこまで悪くなかったか、それまでのケアで十分だったか、あたりが考えられます。

口コミまとめ / ツイッター

ルミエール ヴァイタルCを使用した生の声をツイッターから探してみました。

良い口コミをまとめると、次のような感じでしょうか。

  • テクスチャがとろっとしていい感じ
  • 使用感は軽め?

 

悪い口コミは次のような感じでした。

  • 可もなく不可もない

FEMMUE(ファミュ)のルミエール ヴァイタルCは韓国コスメであるためか、ツイッターでは宣伝以外に、生の声がほとんど見つかりませんでした。

テクスチャーはとろっとしているようで、まさに美容液のようなブースターみたいです。

ルミエール ヴァイタルCの口コミを総合的に評価

ここまで様々な口コミをご紹介してきましたが、まとめると次のような感じですね。

良い口コミまとめ
  • ジャスミンの香りに癒される
  • オイルなのにベタッとしない
  • テクスチャがとろっとしていい感じ
  • 肌によくなじむ
  • 保湿力が抜群
  • 肌が柔らかくなった
  • メイクのりが良く、モチモチに
  • 毛穴開きも徐々に改善されている
  • 小鼻周りの黒ずみにも効果があった

 

悪い口コミまとめ
  • 白いポツポツができた
  • 使用3日目で肌荒れした
  • カモミールが合わない人は避けるべき
  • 効果を実感できなかった
  • 可もなく不可もない

 

ルミエール ヴァイタルCの良い口コミを整理すると、とろっとした感じでべたつかず、保湿力は高く、肌荒れが改善したというものです。

悪い口コミを整理すると、大きいのは肌荒れしてしまった、というものでしょう。

口コミを整理していて、ビタミンC誘導体やキク科のカモミールが合う、合わないが出てきそうです。不安な方は、事前にパッチテストをしてください。

たかじんたかじん

とはいえ、口コミを調べていた感覚でいえばルミエール ヴァイタルCがお勧め!と言える口コミが多かったと思います。

ルミエール ヴァイタルCの配合成分は?

これから使ってみる化粧水なら、いったいどんな成分が配合されているのか気になるところです。各成分ごとの一般的な用途・説明をネット検索して整理しました。

成分 説明
溶剤(物質を溶液にする性質のある物質)
ペンチレングリコール 溶剤、殺菌剤、感触改良剤(感触を良くする。油性クリームの脂気を抑える、粘りを与える等)
グリセリン 保湿剤、変性剤(エタノールを飲用に適さなくするために添加する成分)、グリセリン(保湿剤)
アスコルビルグルコシド 酸化防止剤(化粧品の酸化による劣化を防ぐ)
アルギニン アミノ酸類(皮膚の乾燥、肌荒れを防ぐ)、アルカリ剤(pHの調整、アルカリ度の調整をする)
プロパンジオール 粘度調整剤(化粧品のテクスチャーに粘り気を持たせる)
ベタイン アミノ酸誘導体(安定性や浸透性を高めるために、アミノ酸の分子構造の一部を変化させたもの)、保湿剤
ナイアシンアミド 保湿剤
セルロースガム 合成ポリマー(乳化剤として働く、皮膚上に皮膜を作る)、結合剤(粒子同士を結合させるための成分)
パンテノール ビタミン類、育毛効果
ヒアルロン酸 天然ポリマー(天然ポリマーを化学変性したもの)、乳化安定剤(乳化を安定するために用いるもの、乳化は水と油のように、本来は互いに溶け合わない液体どうしが混じり合った状態にすること)
ラウリン酸ポリグリセリル-10 合成界面活性剤(乳化作用)、洗浄剤
ミリスチン酸ポリグリセリル-10 合成界面活性剤、洗浄剤
カプリル酸ソルビタン 合成界面活性剤、洗浄剤
オオムギエキス 保湿性
サフラワー油 酸化防止剤、香料、閉塞剤(皮膚にフタをする役割がある)
レブリン酸 酸剤、香料
ビサボロール 消炎性、香料
カンゾウ根エキス 酸化防止剤、抗炎性
ヘスペリジン ビタミン類、酸化防止剤
ナリンギン 皮膚保護剤、皮膚コンディショニング剤
ルチン ビタミン類、酸化防止剤
ツボクサエキス 保湿性、抗炎性、洗浄性
チャ葉エキス 保湿性、酸化防止剤
イタドリ根エキス 酸化防止剤、鎮静性
オウゴン根エキス 保湿・湿潤剤
トコフェロール 酸化防止剤、V.E(ビタミンE)
ローズマリー葉エキス 芳香性エキス、酸化防止剤
カミツレ葉エキス(※カモミールとも) 芳香性エキス、抗炎性
マツリカ油 香料
ローズ油 香料、精油

参照:美肌マニア、Cosmetic-Info

悪い口コミを成分から検証

悪い口コミに多かった、肌荒れについて、配合成分から検証してみたいと思います。

まず、殺菌剤や防腐剤などの用途として使われるペンチレングリコールが高濃度で配合されていて、ここに刺激を感じてしまう方がいるのかな、という感触です。

また、濃度は多くないですが、合成界面活性剤として働く成分が配合されていて、これが刺激となる方もいます。口コミで合わない方がいたビタミン誘導体(アスコルビルグルコシド)もなかなか高濃度で配合されています。

肌のバリア機能が低下している最中だと、普段なら何ともない成分が刺激になることも多いので、まずはそこを改善していく必要があります。

 

肌のバリア機能を回復させる方法

肌のバリア機能を最低限、回復させる方法は「肌のバリア機能を少しでも回復させる方法5選【敏感肌に効果的】」をご覧くださいね。

ルミエール ヴァイタルCの使い方

ルミエール ヴァイタルCの使い方を公式サイトよりご紹介します。

  • 朝晩の洗顔後、化粧水で整えた清潔な肌に3~4滴をなじませる

ルミエール ヴァイタルCはブースターですが、化粧水のあとに使用するタイプです。この後にいつものスキンケア(美容液など)をプラスしていくと良いでしょう。

ルミエール ヴァイタルCをお得に購入する方法

ルミエール ヴァイタルCは公式サイトから購入できるほか、Amazonや楽天でも購入可能です。

公式サイトで定期コースを申し込むと割引が適用されます(記事執筆時点)。ただ、定期コースの場合は初回解約できないなどの制限がある場合もあるので、わからない点はお問い合わせするとよいです。

まとめ

ルミエール ヴァイタルCの悪い口コミと成分との関係を検証してみました。良い成分でも肌のバリア機能が低下していると刺激になることはあります。まずはご自分の肌コンディションを見極め、パッチテストをしつつ、少しずつ取り入れてみてください。